木にこだわる

腐ってたまるか! 食われてたまるか! くたばってたまるか! 俺は米ひばだ!!

丸栄建設では、土台・大引き・根太などの床組と柱は全て米(べい)ひばを使用しています。

米ひば・・・日本の青森ひばに香りがよく似ているため、こう呼ばれています。

正式樹種名はイエローシーダー。

青森ひばと同じひのき科ですが属類は違います。

【この米ひばの特徴】

その① 耐蟻性 シロアリが嫌がる成分を持っている為、シロアリを寄せ付けません。

ちょっととはかじりますがお口に合わないようです。

その② 耐腐朽性  水に非常に強く、風雨や積雪の過酷な条件でもひたすら耐え抜きます。

また非常に強い抗菌作用があるため防カビ・防ダニ効果も抜群です。

その③ 強度抜群 木材は強度はそれなりにありますが、米ひばはさらに頑丈な木材です。

曲げ強度・曲げ弾性ヤング係数などは上位ランクです。

以上のように木材の構造の寿命に大きく関係のある シロアリ・腐朽・カビに対してとても優れた性質をもっています。また写真は同じサイズの米ひばと杉の断面です。年輪をくらべて見てわかるように米ひばは、とても年輪が細かくとても目がつんでいます。写真の樹齢は米ひばは100年~120年に対し杉は30年です。

木は伐採後、樹齢の年数は最低でも耐久性はあるといわれています。

丸栄建設では人の背骨である柱・足である土台に米ひばを使用し、住まいの骨格を健康で長生きできる家にいたします。


乾燥材にこだわる

なんじゃこりゃ。べたべたのぼとぼと。しぼると水たらたら。これダメダメ!

 

まあ、絞ることは出来ませんが釘打つと、水しぶきが顔にかかる事はあります。てなわけで丸栄建設では、構造材・下地材・化粧材の全てで含水率20%以下の乾燥材を使用しています。基本的には木材は米ひばをはじめ全て無垢の乾燥材です。乾燥材を使えば、ボルト・仕口・継手の緩みはおきません。写真の様に、工場で水分計で計り、20%以下でないと使用しないようにしています。人はだれでも乾いていない服を着ることはないです。家もべたべたの材料を使用すると「冷たい」とは言いませんが、新築の家がカビだらけの家になってしまいます。

こうならないよう丸栄建設では乾燥材にこだわります。

やっぱりよく乾いてるのは気持ちいいの~。


断熱材にこだわる
冬 真冬日 玄関に入ったお客さん わあ!なにこの家、暖かいの!スリッパはかなくてもつめたくないね!
夏 熱帯夜 2時間タイマーでOFFにしたけど、朝までぐっすりやったわ。

丸栄建設では、家中どこでもほとんど温度差の少ない快適温度に保てる高気密・高断熱にこだわります。従来の一般住宅では、暖房している部屋とそうでないトイレ・浴室との温度差が激しいことがあたりまえでした。この温度による体への負担(ヒートショック)は、脳溢血など健康をおびやかす原因になるともいわれています。でも高気密・高断熱構造なら大丈夫。リビング・台所・トイレ・浴室・廊下に至るまで家中の温度差をほぼ同じに保つことができますから、冬でもスリッパなしで家中快適にすごせます。

写真上は当社推奨パネルのカットサンプルです。

写真下はそのパネルを採用されたお施主宅の施工時のものです。

丸栄建設では、次世代省エネ基準の高気密・高断熱の技術を持っています。

詳しくはこちら

やっぱ冬・暖かい家、夏・すずしい家は快適やの~、とOB施主様はおっしゃています。高気密・高断熱のお客様の家を、体感することができますのでご希望の方はTELかメールでご予約下さい。